2011年11月03日

どうなったらいいの?

相談ごと
悩みごとを聞いていると

思考が、ぐるぐる同じところを回っている
と感じることがあります。

話してはみるんだけど、また同じ地点に戻ってしまう…。

他人の話しとして聞いていると
とても、もどかしく感じます。

逆に、自分の悩み事は
はたから見ると、同じことなんでしょうね。

はたから見ると、「だったら、〜〜すればいいのに」
とか、     「他に、〜〜もあるでしょ」などなど。


聞く効用の一つに、
話すことで、自分の問題を客観的に見られるようになる。

ということもあるんでしょうね。
客観的になれたら、解決に向かいます。


そして、悩み事で、思考がぐるぐる回っているときは
行動が止まっています。

行動しないと、成果は出ないのです。
行動しないと、何かしらの変化は起こらない。


相談ごとで、
思考だけが、ぐるぐる回っていると感じるときは
視点を変える質問をすることがあります。


「ところで、どうなったらいいの?」


「この問題が解決してるって、どんな状態?」



自分で、なりたい未来を描かない限り
それは、実現しないらしい。。。


100時間悩んでも、行動しなければ同じ場所。
一歩を踏みだして、100時間行動し続けたとしたら?



一歩を踏み出す時の方向を決めるのは、

「どうなりたいの?」

「どうしたいの?」

posted by かめちゃんくらぶ at 07:15| Comment(0) | 主催者メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。