2011年02月06日

自分の声を聴く≠相手を聴く

「聴き方」にマニアックにこだわってきて思うことです。

目の前に相手がいる時、
相手に意識が向いて聴いている時と
自分に意識が向いて聴いている時って、ありませんか?

相手の話を聞きつつ
心や頭の中で「そうは言ってもさぁ〜、・・・」
「こんなこと言ったら、相手はどう思うかな?」とか。

相手の話を聞きながら、私たちは結構自分の心の声を聞いています。
そして、ふたつを混同してしまうんですよね。(笑)

自分の声をあたかも相手の声のように
とらえてしまうことがある…。

相手の声に集中すると、
その混線が少なくなります。

そして、すごく聴くのが楽になります。

4月23日のかめおか講座で、どうぞ試してみてくださ〜い。

posted by かめちゃんくらぶ at 09:05| Comment(1) | 主催者メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わーい、お役に立ててうれしいなあ♪
Posted by かめおかゆみこ at 2011年02月07日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。