2011年11月22日

話しかけやすさ

言語と非言語、
言語は、文字通り言葉です。
非言語とは、言葉以外の表情、声のトーン、語調、しぐさなど言葉以外のもの。

あなたは、言語と非言語、どちらに影響を受けていると思いますか?


ある心理学者の研究では、言語7%非言語93%という結果も出ているそうです。

非言語の分野で私たちは常に影響し合っています。
たとえば、お母さんが子どもに「お母さんは怒っていない。」という時の顔。
怒っていれば、子どもはお母さんの怒っていないという言葉より
怒っている声と表情を受け取ります。

子どもたちは、おとなより敏感に非言語を読み取っていると
常々思います。

言語の操作に慣れていくにしたがって
大人は、鈍感になるのかもしれません。

でもね、やっぱり大人も非言語に影響されています。

たとえば、道に迷って誰かに道を聞こうとした時
誰かれ構わず聞きますか?


やっぱり、選びますよね。
親切そうな人、聞きやすい人を。

強面の人より、穏やかで親切そうな人を
無意識で探しませんか?

ただ、その人が立っているだけでも
かもし出す雰囲気、存在感、オ―ラのようなものがあります。

普段、意識していませんが
私たちは、それらを微細に感じ取っています。

あなたは、どんな雰囲気を放っていますか?

どんな雰囲気の人なら話しやすいですか?


私が、自分の雰囲気が良くなってるな〜、と感じるのは
道や駅で知らない人に道や電車の行き先を聞かれた時です。

あぁ、今、聞きやすい雰囲気で立っていたんだなぁ〜、と
一人でちょっとにんまりします。

小さな自己満足ですが…。(笑

人の話をお聞きする時、”話しやすさ”を相手に感じてもらうことは
聴くプロとして、とても大切だと思うのです。










posted by かめちゃんくらぶ at 11:13| Comment(0) | 主催者メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。