2011年10月29日

聴いてくれる人がいることに感謝

ブログ、ご無沙汰してました。

10月28日に、もろもろ締め切りが立てこみました。
どれも、私の人生にとって大きな案件だったので、
緊張しながら取り組みました。
おかげさまで、次々と助けてくださる方々がいて
なんとか、なりそうです。

助けが欲しい時は
「手を貸してほしい」「助けてほしい」と
素直にアサーティブにリクエストすることが大切ですね。


そして、手を貸してもらったら
感謝とお礼を、言葉で伝えるのも忘れずに。。。



この月末、さすがに精神的な疲れがドッと出ました。
一人で抱えきれない時は、私のメンターに聴いてもらいます。

メールでのやり取りですが
いつも、不思議と癒され
次にどんな行動をしようか、明確になります。


メンターに言われて、
一番、ホッとして気持ちが楽になる言葉は、


「いつも、とてもよく頑張ってますね」です。



そう言われると、フッと肩の力が抜けるのです。


聴いてもらう効用。。。

メンターに、自分の情けないところ
駄目なところを話しても、
否定されないし、
上から目線のアドバイスもありません。

ただ、私を、私の力を信頼して聴いてくれる。

聴いてくれる相手がいること、
本当にありがたいと感謝する瞬間です。










posted by かめちゃんくらぶ at 07:21| Comment(0) | 主催者メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

自分を勇気づけるのも、勇気をくじくのも

普段、意識したり声に出したりしませんが、
自分自身に声をかけてること
自分自身と会話していること
ありません?

「あ〜、またやっちゃった。私って、どうしてこうなんだろう?」とか
「いつも、こうなちゃうんだよね…。」
「こうなったら、どうしよう」とか。。。

人それぞれに、自動的に繰り返している
”内的会話”があるようなのです。

私は、内的会話が始まると、
だんだん心がザワザワしてきます。

自分を責めて落ち込んだり
勝手に未来を想像して不安になったり
期待通りにならないことを怒ってみたり

この頃、ようやく気がつきました。

あぁ、自分の気持ちを落ち込ませるのも
不安を増殖させるのも
理不尽だと怒りを増幅させるのも
自分自身にかけてる言葉なんだと。

自分で自分の勇気をくじく言葉を
わざわざかけていたんだ。。。
誰に頼まれたわけでもないのに(笑

そのことに気がついたら、
なんだか可笑しくなりました。


だったら、勇気をくじく言葉を止めたらいい。

そして、勇気づける言葉に変えたなら
心の状態は変えられる。

すごくシンプルなこと。


自分で自分を責め始めたら
言葉を止めます。

そして、勇気づける言葉を
自分をいたわる言葉をかければいいんだ。

だって、他の人にはできてるもの。
自分も、他人をいたわるようにいたわる。

自分自身とそうして、仲良く一緒に生きていけたなら
きっと、穏やかに歳を重ねられそうです♪









posted by かめちゃんくらぶ at 22:05| Comment(0) | 主催者メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

悲しみより、哀しみを

土曜の夜は、座禅会の日。

座禅、気持ちいいんです。

呼吸に意識を向け、
頭に浮かぶ思考をスル―して
心を静かに静かにさせます。

呼吸に集中。

心地いい時間の中に、漂います。


座禅会の後に、ふと立ち寄った書店で
ikkoさんの著書「オンナ塾」を見つけました。

オンナに生まれたかったけれど
体がオトコに生まれたから
努力した。

外見だけでなく
メイク&ヘアのプロとしての心意気と努力
内面の充実。

努力して、オンナを磨く徹底ぶりに
頭が下がりました。

ここまで徹底すると、哲学になるんですね。


女性という性を授かり
当たり前の上に胡坐をかいているよなぁ〜。。。

オンナを磨きたいと、真剣に思いました。

特に内面。

本文中、印象に残ったのは
悲しみより、哀しみを。

悲しみは、自分だけの悲しみ。
哀しみは、誰かの心の痛みを分かつこと。

人の哀しみを慮り
受け止められる心の奥行きと
それを抱えられる人でありたい。

そんなことを思いました。

磨きますっ。
posted by かめちゃんくらぶ at 22:28| Comment(0) | 主催者メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。